ダイエットプーアル茶販売元 ティーライフが消費者庁から措置命令

ダイエットプーアル茶販売元 ティーライフが消費者庁から措置命令上場企業ティーライフが、ダイエットプーアール茶の商品ページ及び広告文言について消費者庁から措置命令を受けました。

誇張した内容での煽り文句女性は弱いはず。特にダイエットなどは楽して痩せれたらどれだけ日々の生活がストレス無く過ごせることか…!

スポンサーリンク

ネットではよく見る文言が問題の対象に

ティーライフのIRにて今回の問題に対してのお知らせが掲載されました。

下記内容の文言が景品表示類及び不当表示防止法に抵触したようです。

ティーライフIRデータ抜粋:消費者庁からの措置命令に関するお知らせ

「知らないうちにスタイルアップ↑に導く まったく新しいダイエット茶」
「苦しむことなくラクラクダイエットサポート!」
「いつもの飲み物をおいしいお茶に替える新習慣!」
「2大有用成分がラクラクダイエットを応援」
「長期間の醗酵によって緑茶の有用成分カテキンが『重合カテキン』や
『没食子酸』にパワーアップ。ラクラクダイエットをサポートします。」

正直、ネット広告などではよく見る文言ばかりのようにも思えますね。

ビタミン系電子タバコ(ビタフル・ビタボン等)でも「手軽にビタミンが採れる!」というキャッチフレーズも同じことが言えますが、医学的に身体に有用というデータがあればわかりやすいですね。

ひどい業者はたくさんいるハズ…

みんなわかってて買っているんですよね。ほんとに効果あんの~?なんて思いながらポチリ。効果がなければ返金します!と謳って結局返金には応じないなんてザラじゃないかな。

ティーライフは東証一部上場企業ということもあり、社会的な見せしめという形での制裁を受けたようにも思われます。

アフィリエイトや商品の紹介を行う上での景表法は特に遵守すべき点なので、これからはより実体験に基づいた商品紹介が行われると期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする